生薬を使った医薬品

漢方

漢方薬は生薬を組み合わすことによっていろいろな効果を発揮することができます。西洋の医薬品の場合は化学的に合成されたものからできていて、素材的にも違いがありますが治し方に対する考え方がやや異なります。西洋の医薬品の場合、成分が特定の部位に作用することが多いです。しかし漢方薬の場合局所はもちろん全身広く作用することができ、身体が持っている本来の働きや自然治癒力などをアップすることができます。それぞれの医薬品にはメリットがあり、その人の症状や容態などによって組み合わせて利用することが多いです。例えば風邪をひいた場合、漢方なら身体状態によって治療方針を決めていき、風邪は2つに区分することができます。一つは背中がゾクゾクするような種類で、もう一つは喉が腫れたり痛んだりするようなタイプです。前者を風寒と呼んでいて後者を風熱と呼んでいて、それぞれの風邪に対して方法が異なります。風寒の場合は体を温めたり熱を発散させたりしますが、風熱の場合は炎症性になるので冷ましながら熱などを発散させていきます。風邪をひいたら葛根湯が良いと知られていますが、風邪のひき始めに服用すると効果を発揮することが可能です。風邪の症状は安静にして水分や栄養補給をきちんと行っていると、一週間ぐらいで治癒することができます。無理すると不快な症状が長引くこともありますが、そのような場合は柴胡桂枝湯や竹茹温胆湯などを服用すると良いでしょう。大阪には症状に合った漢方を処方してくれるクリニックが多くあるので便利です。

リーズナブルな価格で購入

漢方

例えば風邪の症状が軽い場合、漢方で後押しすると体調が改善することがあります。大阪の漢方薬店の相場として1ヶ月だいたい5,000円ぐらいで利用することが可能です。一週間単位で小分けして処方してくれるところもあるので、相談すると希望やニーズに応じてアレンジしてくれます。不快な症状がなくなれば中止することができたり、鼻炎や痔などの慢性になりがちな症状なら治まったとしても数ヵ月継続したりすることがあるので、常備薬として自宅に保管しておくと安心です。腰痛のような慢性的な症状だと、継続的に漢方薬を利用することになるでしょう。整形外科においてブロック注射している人も漢方を併用している人は多く、数ヶ月単位で購入しているケースもあります。血行循環を整えるという処方になると1ヶ月10,000円ぐらいです。慢性的な症状だと効果を実感するまで数ヵ月の間様子を見ることになります。大阪にはリーズナブルな価格で購入することができる漢方店があるので、お得に注文することができます。

広告募集中